Pocket

1週間で勝手に勉強する子供に変わる楽しい家庭学習法

広島の親勉インストラクター

小倉理恵です。

あなたは勉強が嫌い!

と感じたことはありませんか?

勉強が嫌い、とまで思わなくても、

ワクワクしながら授業を聞いた経験は、

きっと少ないと思います。

なぜ、ワクワクして授業を聞くことが

出来なかったのか?

それは、知識が少ないからです。

知識って授業で、増やすものじゃないの?

興味がないから知識が

積まれないんじゃないの?

と思った方、

それは逆です。

ほんの少しの触りの部分でも良いから、

授業を聞く前に、知識はあった方が絶対に

良いのです。

そして、

先に知識があるから、授業に興味を持って

聞くとこが出来るのです。

小学生に人気のアニメ、妖怪ウォッチ。

このアニメに

興味を持つようにするためには、

ある仕掛けが必要になります。

それは、先にキャラクターを覚えること。

主人公の名前だけでも良いので、

触れることが大事なのです。

電車で小学生男子グループの

そばに立ったとします。

彼らの話に、私が覚えた

妖怪ウォッチのキャラクターの

名前が出てきたとします。

すると私は、彼らの話の内容が

俄然気になり出します。

そんなに、小学生男子はこのアニメが大好物なんだ。

だったら、一度、見てみようかな

と、思うかもしれません。

最初は全然興味をもっていなかった

妖怪ウォッチが、

いつの間にか私の中で

興味のあるものに変わっていくのです。

実は、このような体験は、

私たちの身の周りに

たくさんあります。

テレビで、ある製品のCMをやっています。

その時点では全く興味がありませんでした。

ところが、スーパーに行ったらその商品が

並んでいました。

必要でもないのに、何となく買ってしまった・・・

こんな経験ありませんか?

友達があるドラマにはまって、放映の後は、

毎回必ずその話をします。

書店に行ったら、そのドラマの特集記事を

組んでいる雑誌が売っていました。

つい、その記事を読んでしまった・・・

こんな経験ありませんか?

誰にでも思いあたることですよね。

勉強も一緒です。

先にお母さんが

少し知識を与えてあげるだけで、

子供は授業を受けたときの反応が

明らかに変わってくるのです。

知識といっても、

教える必要は全くありません。

それは、アナウンス程度のことで

充分なのです。

お母さんが、CMや友達の話を何となく

聞き流していただけなのに、

思わずそれらを手にとってしまったように、

ほんの少しの情報でも、きっかけがあれば必ず

そのことに反応する日が来ます。

ですから、お母さんたちには、

そのアナウンスとなることを

普段からたくさん話していただきたい、

と思っています。

毎晩今日の月はどんなふうかな?、と

月のカレンダーでチェックしてみたり、

今晩の空は、どんな星空かな?、と

星座早見表をセットしてみたり、

都道府県カードで遊んでみたり、

部首トランプで遊んでみたり・・・

こんなことが、子供の授業への興味を

確実に変えていくものなのです。