Pocket

1週間で勝手に勉強する子供に変わる楽しい家庭学習法

広島の親勉インストラクター

小倉理恵です。

小学三年生のから使用する国語辞書。

授業で扱う前に、辞書に慣れておくと抵抗なく使えます!

辞書遊びをするときは、「言葉を調べる」というよりも

「本のように読む」というイメージで捉えてください。



【使い方】

①付箋を用意する。付箋に1から100まで通し番号を書く。

100まで使ったら、101からの通し番号をまた書く。

②慣れるまでは、2~3文字の言葉を引かせる。

あめ、くり、あたま、パンダ等々・・・

③調べた言葉には、鉛筆で印をつける。

④調べた言葉の上または下に付箋を貼る。

付箋には、調べた言葉を書く。




この遊びのねらいは、「辞書に慣れ親しむこと」です。

同じ「あめ」を引いても、「雨」と「飴」、

二つの言葉があります。

そこから説明を読むことで、自分がどちらの「あめ」を

調べたいのか、判断します。

勿論辞書を引くことにも慣れますが、説明文を音読させる

だけでも、低学年にはかなり勉強になります。

なぜなら、普段低学年が読む本に辞書にあるような

「説明文」は出てきません。

ですから音読するだけでも、とても良い勉強になるのです。

辞書は、習うより慣れよ、です。

あまり難しいことは考えず、遊ばせるつもりで

やらせてみてください。

付箋を貼ることで、いかにも「勉強した感」が出てきます。

番号もついているので、

「すごい、俺300個も引いたんだ~」という頑張り度が

明確に分かり、モチベーション維持にも繋がります。