Pocket

一週間で勝手に勉強する子供に変わる楽しい家庭学習法
広島の親勉インストラクター
小倉理恵です。

「中学受験をするならば、四年生から進学塾に行かないと」
と思われるのが一般的ですが、
日本親勉アカデミー協会 代表の小室尚子先生は
以下のようにおっしゃいます。

「5年生の2月からでも十分間に合う。
むしろこの頃から行った方が良い!」

そう考えるには、二つの理由があります。
第一に4年生が、週2回8時近くまで塾通いするのに、
抵抗があること。

そして第二に、受験勉強期間が三年もあるのは、
親も子も精神的にも体力的にも金銭的にも非常に負担になる、
と言うことからです。

4年生から通っても5年生から通っても、あまり成績は
変わりありません。

中学受験をする生徒は学校の勉強が
出来ない層のお子さんはいません。

みんながみんな勉強が出来るという大前提の中で
競争しているので、一年前の4年生から入った生徒が、
特別インターバルがある訳ではないのです。

最初の2~3ヶ月は差異もあるでしょうが、それはすぐに
追い付きます。
だから、4年生から入れる必要は全くありません。

ただ5年生から入ると、社会だけは苦労します。

なぜなら、進学塾では、日本地図を4年生で、
歴史を5年生で、公民を6年生の夏までに、終わらせる
カリキュラムになっているからです。

もしお子さんが5年生に入塾したら、大袈裟に言えば
一度も日本地図をやらずに、入試を迎えることに
なってしまうのです。

「大変! やっぱり4年生から塾に行かせないと!」
と思われた方、大丈夫です。

そのあたりは、家庭学習で補えます!

小室尚子先生の娘さんは5年生から早稲田アカデミーにお世話になったそうですが、
入塾当初から社会はずっと偏差値65以上をキープしていたそうです。

それまで、されていたのはカルタ学習のみ。
それで十分対応できます。
4年生から通塾している生徒よりも、圧倒的に出来ていたので
一年遅れで入塾し、日本地図を進学塾で学ばなくとも、
全く問題はなかったそうです。

これは、ラッキーではなく
小室尚子先生がはじめからそうなるように狙っていたこと。

「社会は、ここまで覚えていたら、絶対に進学塾でも上位がとれる」
と把握されていたのです。
そこを目指し、低学年のころからずっと社会に触れさせてきた
継続の賜物なの
です。

結論です!

進学塾に通うのは、5年生からでも大丈夫です。
但し、社会だけは家庭学習をすすめること。

それは十分カルタで補えます。