Pocket

一週間で勝手に勉強する子供に変わる楽しい家庭学習法

広島の親勉インストラクター

小倉理恵です。

初めての足し算で遊ぶ方法です。

トランプを準備します。

ハートとダイヤの赤の1~10までのカード、20枚を使用します。

ここからは、神経衰弱と一緒。

ただし、足して10になる組み合わせをひいたら当たりとします。

1と9、2と8、3と7、4と6、5と5の組み合わせをペアとします。

10はラッキーカード。

「10は、10+0 =10だから一枚ひいたら当たりだよ!」と

説明してあげてください。

10のたし算が難しい場合は、

5のたし算の組み合わせを考えさせます。

ハートとダイヤの1~5のカード、10枚を準備してください。

難しい場合は、積み木やおはじきなど、

実際に数えられる物を準備し数えさせてください。

馴れてきたら、クラブとスペードのカードを増やし、

20枚でチャレンジさせてくださいね。

10までのたし算の組み合わせが頭に入っていると、

小学生1年生になったときにスムーズに算数に移行出来ます。